FC2ブログ
08.31
Fri
アンサンブル・オルフェ コンサートより
2018年6月17日
仙台青葉荘教会 礼拝堂

Come Again
John Dowland (1563–1626)


Innsbruck, ich muss dich lassen
Heinrich Isaac (1450–1517)

08.28
Tue
・Sicut cervus
アルト、ベース、テノール音取りしました。
42小節目anima mea e.aの母音響きが変わらないように
高い音も低い音もポジション同じ
ブレスの後の声が不安定なのでカンニングブレスで
流れと推進力を保つ
テーマがきたらテーマと意識して歌う
長く伸ばす時ば先を準備して伸ばす。

🌟基礎練習🌟
ルネサンス時代の曲を歌う為の基礎練習中です。
天に向かい弧を描くように直径5センチのエアーホースの中
音・響・タッチがデコボコせず均等に推進していくよう
そんな風に歌えるように練習しています、
他のパートから音を取れるように練習しています。

基礎練習を続け、一人一人の技術を上げて
アンサンブルの響きが仕上げられるんだよね


・Ave Maria (Tomás Luis de Victoria) ヴィクトリア
通しました。

(理)

08.21
Tue
・Sanctus
女性だけで歌いました。


・Ave Maria (josquin desprez )
低音を歌うとき押さえつけないで
テノールとアルトで46小節目まで音取りをしました。
特に18小節目〜27小節目まで繰り返し練習
タイを外してテンポ感を確認してから楽譜通り歌ってみました
オクターブ上がるときの準備の仕方注意
27小節目のアルト燃えカスにならないように
テノールとベースの45〜46小節目の並走の練習
少人数で曲全体を確認しました。


・Sicut cervus
隣同士別なパートになるように並び歌いました。
アイコンタクトを取って歌いましょう


次回のコンサートについてアンケートがありました。
みんなでオルフェの発表の場をより良いものにしましょう

(理)
08.07
Tue
・Sanctus
滑らかに歌いましょう


・Ave Maria (josquin desprez ) ジョスカン デプレ
〜ルネサンスを歌う〜
各パート音取しました。
5度を意識して
アーティキレーションせずに滑らかに
46小節目のベースとテノールのかけあい
細かい音符全部の音を鳴らしすぎない(遅れないように)
アルト34.35小節目克服しましょう
細かい動きのパートは軽く歌うそしてテノールを尊重
48小節目からテノールに耳を傾けて

ん〜アンサンブルするのがやや難しげな曲
でもオルフェなら出来る〜


・Sicut cervus
通しました。


♡コンサートのCD配布されました。聞くのが楽しみ

♢コンサートの会計報告されました。
今後の運営方法を皆さんで決めていきましょう。
スケジュール決めよう
予算、収支のシュミレーションをいつまでやる?

♤新メンバーさんが入団されました
皆さん宜しくお願いします。

♧8月14日はお休みです。
エアコンで喉を痛めないように注意しましょう

(理)

07.31
Tue
・Sanctus


・Sicut cervus
お久しぶりでしたが思い出しましたか。
音と歌詞の確認をしながらテノールとベースを尊重して歌いました。

5度下がるところ丁寧に
23.24.25.小節アルトのいいところです。
曲最後の伸ばすところは先を見越してブレスをする。
デジーデラは欲するように
26小節は、ソプラノ生き生きと。


・Ave Maria (josquin desprez )
シンコペーションを軽く歌いましょう。
今日は三拍子になる手前まで練習しました。

♤見学の方がいらっしゃいました。

♡8/7 通常通り練習、8/14 お休みです。

今日も暑い1日でしたね。

(理)
back-to-top