FC2ブログ
08.17
Thu
夏山先生、ルネ先生のレッスン。
仙台東教会をお借りしました。
曲は「Tant que vivray」。
まず、一度聞いていただいたところ、
誰かの声が飛び抜けていたりせず、同じ方向性で歌っているのがいいという言葉をいただきました。
今回はルネ先生もいらっしゃるということで、フランス語についていろいろ教えていただきました。
リュートも弾いていただいて、ぜいたくです。
昔の発音とモダンの発音は違いますが、モダンの発音でいいのでは、ということになりました。
8/19(土)のコンサートでもこの曲を演奏されるそうです。その時は、昔の発音なので、聞き較べてみて下さい。

細かい発音のことはとても文章では書けないのですが・・・
・鼻を使う
・歌うときも、話すように、伸ばし過ぎない。
・英語寄り、日本語寄りにならないように。
というところに注意しましょう。

・お互いに顔を合わせ、アイコンタクトしながら歌う。
・「若いころを思い出して」でなく、今が人生の真っ盛り!!!という歌なので、そういう気分で。
いろいろ注意していると、ついつい難しい顔になりがちです。
しっかり覚えて、気分よく歌えるようになりたいものです。

*****土曜日のコンサート*****
jpg045.jpg


スポンサーサイト

back-to-top