02.11
Wed

今日は寒い日でしたね。牧師先生が部屋をあたためていてくれたけど
練習中もひんやりした空気が漂っていました。
みなさん、ここで風邪ひかないでね。
暖房で乾きますから、飲み物はぜひご持参ください。
(そしてブログ読んでね!たまに注意事項書くから。)

今日はヴィクトリアを最後まで一通り歌ってみました。
言語の問題は本当に大きいのだということを
練習中に実感する場面が多々あったように思います。
その言語がもつアクセントは、音楽を奏でる時に重要なポイントになるわけですが
「強い」というよりは「長い」が大事。
子音もそうですが、大事にしようとすると声が大きくなる。
明瞭になることと、強くなることは、違いがありますね。
大きい、小さい、強い、弱い、長い、短い、いろんな表現方法があるのです。
さらに、盛り上がりを見せる箇所は「フォルテで」と安易に使いがちですが
大きな声というのではなく、響きがひと所に集まった密な声がほしい。
ルネサンスの響きを作れるように、頑張りましょうね。
Bis naechste Woche!
スポンサーサイト

back-to-top