01.30
Tue
・Sanctus, Clemens non Papa
発声練習代わりに歌う曲ですが、今週は
「先へ進むように歌う」ことを意識しました。

・never weather-beaten salle
曲の前後を考えて計画的に歌いましょう
[Ever blooming are the joys of Heav'ns high Paradise, ]
天国はこんなところ、パラダイスなんです。という歌い方しましょう

・Alma redemptoris mater
単語のアクセントを感じて歌いましょう
Sanctusの時のようになめらかに、先に進むようにです。
なめらか〜に、なめらか〜に。

・Tant que vivray
楽しく歌おう!

・Francion vint l'autre jour
何度か繰り返し歌いました。
ベルサイユのばらトークがありました

・Revoici venir du Printemps
言葉と音を確認しながら通しました。
途中リコーダーの音が♫ありました、ね。一瞬

(理)
スポンサーサイト
01.24
Wed
大雪で、今日は練習あるのか?どのくらい来れるのか?という声もありつつ、10人くらい来て、まずまずの集まり具合でした。

・Sanctus,clemens non Papa
発声代わりに。4つに分かれて、お隣は違うタイミングで入る人なので、他のパートがよく聞こえました。

・Tant que vivray
ふわっと鼻から抜ける声で。軽く軽く。
Maisは、だけど!なので、強調する。
amourはamour♥️なので、ム→をよくのばす。
4小節単位で歌うと流れがよくなる。

・Francion vint l'autre jour
お久しぶりです。
ラ→ハミング→ル
と歌い、流す練習をしました。

・Revoici venir du Printemps
通しました。
一度ひっかかったけれど、ゆっくりなら最後まで歌えました。
最初のフレーズだけでも暗譜できると楽譜をめくるのにあわてないので、覚えよう。

・Never weather-beaten saile
英語。フランス語と違い、言葉を口でしゃべることに注意する。
Sweetest Load 大切に。

いろいろ歌いました。
なんだか今日は声がまとまって、上手な合唱団みたいでした。
01.16
Tue
・Sanctus, Clemens non Papa
なめらかに音程を取りましょう
2つ、3つ、4つに分かれて輪唱
発声練習の代わりに歌いましだ。
だいぶスムーズになってきました。

・Revoici venir du Printemps
ゆっくりのテンポで歌詞つけてみました。
テンポ速くなっても歌えるように
フランス語に慣れましょう

・Tant que vivray
お久しぶりでした。
青春を表現するように歌いましょう


見学の方がいらっしゃいました。

(理)
01.09
Tue
・Sanstus ・・・ Clemens non Papa
2018年最初の練習曲です。
下降音形のとき息を均一に出して
山をなだらかに滑るように歌いましょう
くれぐれもモーグルの滑りのように
音程の小さい山を作らないようにね。

4つに分かれてカノンで歌いました。
これからは発声練習がわりにSanstusを歌います。
アンプしようか~

・Revoici venir du Printemps
最後まで歌詞をつけました。
フランス語にも慣れてきたかな?


皆さま歌い初め、いかがでしたか?
今年は
息の使い方に気を配る
自分の歌い方を客観的に聴く
を目標に練習にのぞみたいと思います。

ところであなたは・・・?

(理)
back-to-top