10.30
Sun
コンサート前の強化練習。
日曜日、仙台東教会をお借りして行いました。
演奏順に練習しました。

・Ave Maria
最初、絵里さんのソロ→全員で歌う。
ソロは最後のアーメンはなし。入るタイミングを気をつけましょう。合図が出ます。
四分音符ごとに切らない。

・Sicut cervus
2つでテンポをつくる。縦でそろえるというより、テンポを共有する。
Deusは神様です。「デ」無造作に出ない。
最後の2小節、お互いに聞いて合わせる。

・Exsultate Deo
sumite の「s」はっきり。
言葉のリズム通りに歌う。
ju-cun-dum cum は n、mをのばして、あまり「クン」「ドゥン」「クン」と区切れないように。

・O Magnum Mysterium
最後の「アレルヤ」合わせる。指揮を見て、他パートを聞いて。

・O quam gloriosa
gau-----dent 八分音符で動くところは抑え目にして、「が・あ・あ・あ」とならないようにする。

・Il bianco e dolce cigno
1回目は絵里さんのソロ。
最後のtoの全音符を2拍とすると、2拍目が「Il」になる。
「1」「Il」という感じ。
(文章で書くと分かりにくいですね~。)
指揮を見て、楽器を聞いて(ソプラノは伸ばしなので)、入りましょう。

・Amor vittorioso

・Come again
ソロが終わって Gentle Love の入り、指揮を見て、周りの気配を感じて、楽器・ソロを聞いて、入る。

※11/1(火)の練習は、場所が変更になるかもしれません。
青葉荘教会でない場合は連絡が行きます。

(澄)
スポンサーサイト
10.25
Tue
急に寒くなりました。かぜをひかないよう気を付けましょう。
(私はひいたけど…。)

Victoria 2曲を練習しました。

・O Magnum Mysterium
おお偉大なる神秘よ

Oは感嘆詞。おお!という感じで。
初めは少人数で歌い、2回目の O magnum から全員で歌います。
少人数⇔全員の違いを出す。
その個所の強弱だけでなく、他パートとのバランスを考えて歌う。
3拍子のアレルヤははずんで。さいごはまったり。

・O quam gloriosa
おお栄光に輝く王国

Sancti が頂点なので、そこに向かって盛り上がる。
ゆっくりめで歌っていた時期もありましたが、やや早めでいきましょう。
Gaudent-は軽く。特に-dent、でーんとしない。

※金曜日にオルガンを搬入。土曜日の練習の前にオルガンの練習が入ります。
※次回は10/30(日)13:30強化練習。
 場所は仙台東教会、陸前原ノ町駅の近く。
 前にお借りしたところです。

(澄)
10.18
Tue
・Come again
戻っておいで

『ことば』を注意して
はっきり発音するところ気をつけて

through thy unkind disdain; ・・・・kindはっきり
Gentle love, ・・・・・love のve
draw forth thy wounding dart, ・・・・・dart強く
Did tempt,while she for she for triumph laughs・・・・・ハハハ

・Amor vittorioso
勝ちほこる愛の神

4小節ノンブレス
二分音符のレガート忘れずに

あり・なしになりました。ご注意ください。
1
A→Fala→A →Fala・・・・あり
B→fala・・・・・・なし
2
A→Fala→A →Fala・・・・あり
B→fala・・・・・・なし

falalala・・・・・・硬いパン見たいに
punto・・・・・・発音
Me seguiのMe・・・・発音

・Mentre il cuculo il suo cucu cantava
かっこう

Mentre il cuculo il suo・・・・・最初は伸びやかに出てh
cucu cucu・・・・・ひっそり
cucu cantava・・・・・ノンブレス 鼻腔を開けて レガートに
Lascia dicea ・・・・・ラッシャではなく ラーシャ です
Amarilli・・・・・アマリッリ
Lascia Damon・・・・・Daにアクセント
E corri in braccio ・・・・・レガートと 巻く
Corri corri cor mio・・・・・ひっそり と 巻く コルミー〜オ イタリア人っぽく
Egli t'invita ed io・・・・・invita ヴィー にアクセント ed io イーにアクセント

・Ave Maria Jacob arcadelt
アヴェマリア

Sancta Maria, ・・・・・・抑える 改めてfにしないで


・Exsultate Deo
主をたたえよ

音符が踊っているように歌いましょう
Sumite psalnum ・・・・・sumiteのsuの発音注意
et date tympanum,・・・・tympanumのtymの発音注意
tuba・・・・・軽く
八分音符は音符が踊っているように曲線を描くように歌いましょう



一つ一つの曲に表情が付いてきました
曲ごとのイメージを意識して、
そして各パート、楽器とのアンサンブルを楽しみましょう
よく聞きましょうね〜

(理)

10.11
Tue
・Sicut cervus
谷川の流れを慕う鹿のように

♨︎マークのところ忘れないで〜〜

・Exsultate Deo
主をたたえよ

Sumite psalnum ・・・・・・・・sumiteのsuの発音注意
et date tympanum,・・・・・・・tympanumのtymの発音注意
八分音符は音符が踊っているように曲線を描くように歌いましょう

・Amor vittorioso
勝ちほこる愛の神

二分音符のレガート忘れずに

あり・なしになりました。ご注意ください。
1
A→Fala→A →Fala・・・・あり
B→fala・・・・・・なし
2
A→Fala→A →Fala・・・・あり
B→fala・・・・・・なし

Non.temete・・・・・Nonの後にコンマ入るようなイメージで

・Come again
戻っておいで

inviteのteの発音注意
To seeからはPで歌う
temptの発音注意
ブレス毎にフレーズを区切らず、大きなフレーズで曲全体を歌いましょう
楽器は伴奏ではなく、楽器と声のアンサンブルです。


急に寒くなりました。
朝晩は暖房が欲しいと感じるほどですね
皆さんくれぐれも風邪などひかないように
体は暖かくして、喉はマスクなどして乾燥から守りましょう。


(理)
10.04
Tue
Come again 戻っておいで

I sit, I sigh, I weep, I faint, I die
I weepのpまではっきり発音 i sighはため息です
一番最後だけ終わりで
1番2番の終わりは終わりの感じを出さないで
次へ続くように歌う

・Amor vittorioso 勝ちほこる愛の神
テーマ 一緒に歌って楽しいね

・出だしは出しすぎない
・mati や dati 二分音符レガートに tiを打たない
・イタリア語は 子音で始まる単語は拍の前に出さない
Jで始まる単語注意
・24小節目から9小節目に戻るときの24小節目は終わらないで
まだ続くよ〜という意識で9小節目のioを4分音符の拍に
入るように発音する
本当の最後は終わるように〜〜

・Mentre il cuculo il suo cucu cantava かっこう
テーマ 優しく可愛らしく

・cucu 詰まらないように、丁寧に緊張して、
鳥たちは上手に唄えないと子孫繁栄できないよ
・E corri in braccio rは巻いて
・16小節目のcorri corri cormio corri corri cormio はPピアノで
そのままcucu 丁寧に緊張して 鳴くんです。
cucuの時はみんな求愛行動しているカッコーになりきる

・O quam gloriosa おお栄光に輝く王国
テーマ キラキラ

・O Magnum Mysterium おお神の秘跡

・Exsultate Deo 主をたたえよ

jubilate juの歌い方注意
最後のstraeに入るまえに ためて 指揮を見て合わせる


対訳作成いただきました。ありがとうございます。

(理)

back-to-top