12.22
Tue
・Sicut cervus

今年時間をかけて練習したこの曲が2015年最後の練習曲でした。
内声部を充実させた構成が自然にできるようになりました。

楽譜を目で見て、周りの声と自分の声を耳で聞き
発音や声の質を瞬時に選び
呼吸を整え、表情や表現をつけ、
小節ごとのまとまりと、曲全体の流れを感じ
一曲を仕上げる
すっごく脳を使っていますね。

世の中がデジタルなもので溢れている中
みんなの声を重ね合わせていく練習は
ルネサンス時代と変わらない光景なのでしょうか

今日は練習をちょっと早めに切り上げて
おいしいお菓子と、お茶をいただき楽しいひと時でした。

2016年は1月12日から練習開始です。
新年会は1月26の予定です。

皆様、喉を大事に年末年始をお過ごしください。

スポンサーサイト
12.15
Tue
・Hodie Christus natus est
35小節から後を復習しました後、通しました。
動くところは抑え気味で。
No-e は No を重めに。
Alleluia の lu は深い発音で。
同じ動きのパートを聞いて合わせましょう。
いちおう最後までいきましたが、合唱らしく歌えるように練習していきましょう。

・Sicut cervus
久しぶりに歌いました。
Hodie~ほど「難しい」曲ではありませんが、別の難しさです。

今年もあと1回です。よろしくお願いします。
来年もスパルタ(!)だそうです。がんばります。
(澄)
12.08
Tue
・Hodie Christus natus est

歌詞にあわせて表情をつけました。


12月15日.12月22日は練習有ります。

忘れないように歌うかもしれないので
Sicut cervusの楽譜を持ってきてください。
12.01
Tue
・Hodie Christus natus est

最後まで歌ってみました。
ん〜 やはり仕上がりが楽しみになってきましたね
ワクワク

ラストに向かって
パートのかけあい
音の上下
休符
変化が沢山あります。

いつも教えて頂いている
縦列、他のパートをよく聞いて
みんなでアンサンブルを感じましょう

寒い季節ですが、ワクワクできる幸せを
今日もありがとうございます。

(理)
back-to-top